宮武淳夫建築+α設計

一般的な仕事の進め方(用途・規模・業務内容によりプロセスは少し変わりますが参考にしてください)

1週間〜1ヶ月程

01
アポイント
メント

E-mail・TEL・FAXにて、いつでもなんでもなんなりとご相談下さい。
より良い建築を設計するために、
信頼関係とコミュニケーションのプロセスが大切です。
適切な段階で、一度直接にお会いしてお話ししましょう。
契約を行うかどうかは、06の基本設計段階で決めましょう。

02
相談

設計に対する考え方や進め方を説明させていただきます。
スケジュール ・用途・規模・予算の他、生活や事業方針への想いを
お聞かせください。土地の図面や写真があればご用意ください。

03
事前調査

敷地が決まっている場合は一度現場を見に伺わせていただきます。
必要に応じて、敷地に対する法律・条例などをお調べいたします。

04
簡易プラン
打ち合わせ

ご依頼頂ければ、ひとまず簡易プランを作成して打合せさせていただきます。
敷地に対して必要な建物の大きさや部屋数、
部屋と部屋の繋がりを具体的な間取りによって確認し、
実現するべき空間の方向性について話し合いましょう。

2週間〜2ヶ月程

05
デザイン提案

何回かの打合せの後、方向性が定まれば、話し合った内容をもとに
最初のデザイン案として、図面、模型又はパース等を作成することも可能です。
(デザイン提案費用)

1〜3ヶ月程

06
基本設計

合意が築ければ設計監理業務委託契約となります。(設計監理費用)
打合せを重ねながら、最初のデザイン案を修正または別案を検討して、
相互に納得のできる基本設計図面に仕上げます。
案は納得いただけるまで何案でも作成いたします。
打合せは平均3-4回程度です。
成果品としては平面・立面・断面図・工事費概算書・模型(又はパース)等です。

1〜3ヶ月程

07
実施設計

基本設計の段階で決定した図面をもとに、
建築・構造・設備の各図面を細かなレベルまで
打合せをしながら段階的に仕上げていきます。
打合せは平均3-4回程度です。
また、必要に応じて構造計算書も作成します。
同時に建築確認申請書を作成して審査機関に提出します。
成果品としては実施設計図面・建築確認申請書(構造計算書)です。

1ヶ月程

08
施工業者選定
&見積調整

完成した実施設計図面をもとに、
工事施工業者から工事費の見積もりを取得いたします。
予算オーバーの場合は設計内容を見直します。
信頼性と工事金額を検討して施工業者を選定します。
施主(クライアント)と工事施工業者との間で取り交わす
工事請負契約をサポートいたします。
建築確認済書が審査機関から発行されれば着工です。

3〜6ヶ月程

09
設計監理

着工。
設計監理者として現場定例会議(1週間に1度程)に出席し、
工事の予定や段取りや方法を施工業者に確認し進行を監理します。
設計図どおりに工事が行われているか、
適切な材料・納まりになっているかを現場や施工書類で確認します。
必要に応じて詳細な指示図面を作成し、Tel/Fax/E-mail等も活用し
施工者をサポートします。

10
竣工検査

完成。
施工者検査→建築確認審査機関による検査→設計事務所検査→施主
(クライアント)検査と段階的に行います。
実施設計図どおりに出来上がっているか、
全てキチンと機能するかを一つ一つ点検し、
不備事項があれば手直し工事リストを作成して、施工者に直してもらいます。

11
引渡し

工事完成 ! 
施工者から建主(クライアント)へと、完成した建物を引き渡してもらいます。
取り扱い説明書・各種保証書や図面・建物の鍵も受け取っていただきます。
また弊社(設計事務所)からは工事監理報告書を提出させていただきます。




竣工1年後にも点検・検査を行います。