宮武淳夫建築+α設計

<ボイドの拡張>
京都の中京区に建つ夫婦と小学生2人の4人家族のための住宅。南を道路に面した間口5mの短冊敷地で、2007年京都市新景観条例によって軒の出・色彩・屋根形状や勾配の形態規制が加わる場所である。 クライアントからは中庭・土間・テラスの他、盛り沢山な要望と古い町屋がもつ空間性を現代的につくることや、自然を感じられることが望まれた。「手前と奥」「ボイド(吹抜け)」「通り庭」「内外の反転」といった伝統的な町屋にも見られる空間概念を念頭に、生活の要望を満たす間取りの打ち合せを重ねた。
結果、生活の主要拠点を2階とし、手前を2階・奥を3階建て、そして中央にボイドを設けた案に落ち着いた。ボイドは中庭・テラスなどの外部空間に加え、螺旋階段をガラス張りとし、廊下をエキスパンドメタルとすることで動線空間にも透過性を与えて「ボイド化」し、それらを集約した大きな「拡張ボイド」である。
「拡張ボイド」は上層へ広がる形状であるため1階の奥まで光と風を呼び込み、また「拡張ボイド」を介して各部屋相互に立体的な繋がりが生まれ、どこにいても家族の気配を感じることができる。土間・玄関を通り、細い吹抜け廊下を奥へと進み階段を上ると劇的に視界が開け「拡張ボイド」の中心部、2階テラスに至る。テラスには外部であり内部でもあるような雰囲気が生まれ、ハンモックを吊るしたり、食事をしたり、リビングの延長として使ったり、壁面にプロジェクターを投影して屋外シアターとしたりといった生活イメージが打ち合わせプロセスの中から浮かび上がってきた。
普遍的な空間概念が現代生活の固有性との関係の中でその豊かさをつくり出してくれる手応えを感じた仕事でもあった。

拡張ボイドの家(2007)

外観
                           

用途:住宅
所在:京都市中京区(近隣商業地域・準防火地域・旧市街地型美観地区)
業務:設計・監理
期間:設計2007.5-10、監理2007.11-2008.3
延床/建築面積:116/52平米(35.0/15.7坪)
構造・階数:鉄骨造3階建て(準耐火構造)
敷地面積:81平米(24.5坪)
協力:nakayama、tonakai、kiyosadasensei
施工:三浦建設
掲載:モダンリビング2009年7月185号